ホーム厚生事業文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設利用補助 > 文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設利用補助 Q&A

文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設利用補助 Q&A


Q1 1回の宿泊料金が7,300円だった。いくらまで請求できるか?
A1 1,000円単位ですので、7,000円の請求ができます。
Q2 領収書はコピーでも請求できるか?
A2 原本(クレジット領収書可)を添付してください。領収書には、会員本人宛フルネーム・利用年月日・金額(以下 、「必要事項」という。)を明記してもらってください。
Q3 必要事項が確認できる精算書(主にゴルフ)で請求できるか?
A3 精算書や利用明細書では請求できませんが、領収印があれば可能です。 領収印がない場合は領収書(クレジット領収書可)を添付してください。ただし、物品購入代を除いた金額で請求してください。
Q4 映画やコンサート等に行った場合でも領収書の発行は必要か?
A4 チケットの半券があれば不要です。ただし、半券に利用年月日・金額が明記されていない場合には、それらが分かるパンフレット等を添付するか、領収書をとってください。
Q5 コンサートのチケットに請求者以外の名前が記載されている場合の請求方法は?
A5 そのままでは補助できません。チケットに記載されている「会員(請求者)に譲 った」旨の証明を書いていただき、印をもらってください。
Q6 コンサートなどのチケットを記念に残したい。請求後、返却してもらえるか?
A6 一度提出された書類は返却できませんので、領収書を取ってください。
Q7 旅行代理店の領収書でも請求できるか?
A7 必要事項が明記されていれば大丈夫です。また、日帰り旅行でも可能です。 旅行代理店への支払日と実際の旅行日の年度が異なる場合は、支払日と同一年度で請求してください。
Q8 インターネットで旅行の予約(ヤフー、楽天等)をした場合、画面上の領収書で請求できるか?
A8 必要事項が明記されていれば大丈夫です。画面上の領収書を印刷して添付してください。
Q9 家族旅行を計画したが自分は仕事で行けなくなった。家族だけの利用で請求できるか?
A9 いかなる場合も家族だけの利用では請求できません。
Q10 本人分は金額の記載のない招待券で、家族分のみチケットを購入した場合の請求方法は?
A10 本人が行った確認が必要なため、本人分、家族分とも添付してください。
Q11 家族旅行で宿泊する際、必要事項が記載された領収書があるが、家族分の宿泊証明は必要か?
A11 必要ありません。利用された家族の人数を請求書に記入してください。
Q12 夫婦ともに会員である場合の旅行や職場の団体旅行の領収書はどのように発行してもらえばよいか?
A12 夫婦で同時に請求する場合は、連名の領収書 (原本)に会員個々の請求書を一緒に添付してください。また、別々に請求する場合及び職場の団体旅行の場合は、会員個人宛の領収書を 添付してください。
Q13 会費や月謝(フィットネスや文化教室等)を数ヶ月分一括前払いしたが、実際に利用するのは翌年度になる。 いつ、どのように請求すればよいか?
A13 領収書の日付が異なる年度で請求できないため、支払日と同一年度で一括請求してください。
Q14 互助会事業の観劇やコンサート等に参加したチケットの半券で請求できるか?
A14 互助会の補助が入っている事業のチケットでは請求できません。
Q15 互助会の指定宿泊施設への宿泊でも請求できるか?
A15 プラザ洞津、ホテルいせわんへの宿泊は割引券を使用していない場合でも対象外です。 なお、全教互の「旅のとも」に記載されている施設(ホテルいせわん除く。)への宿泊は請求できます。
Q16 互助会の特別契約割引施設の割引チケットでも請求できるか?
A16 請求できます。
Q17 フェリー・高速道路・航空機等を利用した場合、請求できるか?
A17 交通費や駐車場代は請求できません。ただし、はとバスやロープウェイ等遊覧の手段となるものは補助の対象となります。
Q18 免許申請料(受験料)は請求できるか?
A18 資格取得にかかる費用となるため、請求できません。
Q19 コンサート等で電子チケットを利用した。半券が無いが、どのように請求すればよいか?
A19 領収書で請求してください。領収書の但し書きに公演名が明記されない場合は、チケットを購入したことが分かる領収書であれば請求できます。画面上の領収書で請求する場合はQ8を参照してください。
Q20 エステ、マッサージ等の利用でも請求できるか?
A20 請求できます。但し、脱毛は除きます。
Q21 病休中や育休中でも請求できるか?
A21 互助会員であれば休職中でも請求できます。学校を通さず互助会直送も可能です。 なお、請求書の欄外に「育休中」等を記入していただくと、不備等の連絡をご自宅にします。

▲ページトップ