ホーム退職・退会される方へ > 貸付金全額返済

貸付金全額返済


1.返済対象者

貸付を受けられている方で、退職・退会される方

    

※退職後の継続は不可。ただし、人事異動による場合は、申出により一定期間毎月返済継続可。


2.返済の流れ(退職手当を受給された方)

@教育文化会館口座振替
  (手続不要)
退職手当支給日に教育文化会館のシステムより、自動的に口座振替
Aセカンドライフ資金で相殺
@で全額返済できない場合、セカンドライフ資金で相殺
B振込依頼書で不足額を振込
Aでも全額返済できない場合、振込依頼書にて不足額を振込

※@の教育文化会館口座振替は、年度末退職者に限ります。年度途中退職者は、A及びBのみとなります。


3.返済の流れ(人事異動により会員資格を失った方)

貸付を受けている会員が人事異動により会員資格を失った際に本人から申出のあった場合は、一定の期間に限って以下の方法により毎月返済を続けることができます。

返済方法 異動/転出先 返   済   内   容 様式
銀行振込 国又は地方公共団体等の機関へ転出 異動後も5年間に限り、振込依頼書により毎月20日までに振り込む方法 返済期限延期申請書
PDF/Word
法定内控除継続 異動先で県職員互助会又は県警察互助会に加入 異動後も5年間に限り、引き続き毎月の給与から自動控除する方法 法定内控除継続申出書
PDF/Word

※国又は地方公共団体等の機関への転出であっても、引き続き当互助会の会員となる場合は従来通りの返済が行えます。
※上記の返済を受けない(本人から申出のない)場合は、即時返済となります。


上記のPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

▲ページトップ